読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どちゃにっき

日々の告白

SMAP ってやっぱりすごい

昨日、スマスマの最終回をオンタイムで見ました。

ファンクラブに入ってるわけでもなく、

CDを買って聴いていたわけでもなく、

SMAPの出ている番組をチェックしていたわけでもないけど、

スマスマの映像をみて、懐かしくて、

見た見た!っていうものだらけだった。

ほぼ、毎日どこかで、何かで目にしたり、耳にしたりして存在を感じていたんだと思います。

あたりまえに、そこにあり続けけるってすごいことだと思います。

ましてや、芸能界って露出しなくなる人もたくさんいるわけで…

最後に歌った「世界にひとつだけの花」

口には出せない、出さない思いが伝わってきて、

気がついたら泣いてました。

SMAPは、1人1人が確立していて、

最近では5人そろってっていうより、

個人活動を見るほうが多かったので、

解散しても、テレビで見たりするのにそんなに違和感ないのかも?と思ってましたが、

「5人そろって」を見ることがなくなるんだ、

と思うと、うまく言葉にはできないけど、喪失感でいっぱいになります。

見られない。という実感がわきません。

ジャニーズがらみの音楽番組を録画してるのですが、

去年にくらべて、今年なんとなく華やかさというか、おもしろさにが足りないような気がして…

昨日、気がついたんです。

SMAPが出てないからだ。

存在感なんですね。

SMAPってすごい

ありがとう。そしてお疲れ様。

また、いつか5人そろったところを見れたらと

願ってやみません。