どちゃにっき

日々の告白

どちらが得する?

最近、よく思うのです。

待ち時間が発生するような場面で、

  • 大声でどなって早くしろ!何時間も待ってるんだ!という人
  • 黙って待っている人。

日常茶飯事に、目にする光景です。

怒鳴れば、なんとかなる。

俺が代わりに言ってやる。

そんな人をみると悲しくなってきます。

強さとは、そういことではないし

カッコイイことでもないと気づかないのか?

電話でも同様なことがおこります。

言葉一つで印象ってずいぶん違うと思います。

「お忙しいところすみません」

「ありがとうございます」 

「とても助かりました」

この言葉で、受ける側の対応ってずいぶん変わることあると思います。

在庫のあるなしの返答でも、来て欲しくないと思われれば例え在庫があっても『ないです』

と、言われてしまう可能性もあるでしょう。

逆に、受付時間ギリギリだけど、『お待ちしてますのでどうぞお越しください』と、融通してもらえることもあるでしょう。

自分の態度で結果が変わってくることがあるのです。

質の良いサービスを受けるには、受ける側の質の良さも問われるのではないでしょうか?